dai's Labo

好きなこと、気になることをだらだら綴るそんなブログ

コーヒー

簡単・おいしい!水出しコーヒーの作り方

投稿日:2017年11月7日 更新日:

こんばんは。だいすけです。

コールドブリューコーヒーって何のことだか知っていますか?

今年の夏、スタバでもコールドブリューコーヒーが販売されていたので聞いたことあるという方も多いと思います。

簡単にいってしまえば、お湯を使わず水で抽出したコーヒーのことをいいます。

そうです!水出しコーヒーのことだったんですね。

水出しコーヒーは、お湯を使わないことから、酸化が少なかったり、雑味が抑えられるので味がまろやかという特徴があります。

そんな水出しコーヒーですが、抽出方法が2種類あります。

今回は、滴下式で抽出する方法を紹介します。

水出しコーヒー2種類の抽出方法

  • 浸漬式
  • 滴下式

浸漬式は、挽いたコーヒー豆を長時間水につけることでコーヒーを抽出する方法です。

浸漬式用の器具も売っていますが、100円ショップなんかに売っているお茶パックにコーヒー粉を入れて水につけるという方法でも抽出することができます。

 

滴下式は、挽いたコーヒー豆に水を一滴一滴落としていき、コーヒーを抽出する方法です。

僕自身は、滴下式で抽出することが多いので、以下では滴下式の抽出方法を紹介します。

 

滴下式による水出しコーヒーの抽出方法

いつも使っているiwakiのウォータードリップコーヒーサーバーを例にとって説明していきます。

 

必要なもの

  • ウォータードリップコーヒーサーバー
  • コーヒー豆40g
  • 水500ml(軟水推奨)

 

水出しコーヒーの作り方

まずは、コーヒー豆40gを細挽き~中挽きで挽きます。

 

メモ

僕はいつも中細挽きに挽いています。豆の量は好みによって35~40gで調整してください。

 

説明のためきっちりと計りましたが、いつもはこんな感じにフィルターの線をちょっと超える量を挽いています。

これで、だいたい40gになります。

 

コーヒー豆が挽けたら、フィルターに入れ、ドリッパーにセットし、湿らせていきます。

約40mlを3回に分けて注ぎ、スプーンなどで混ぜながら湿らせます。

メモ

ザクザクとかき混ぜて大丈夫ですが、力を入れ押さえつけるとうまく抽出ができなくなったり、最悪フィルターが破れます。注意してください!

 

あ、フィルターはドリッパーにセットしてくださいね。水タンクの方ではないですよ。

メモ

初めてこの器具を使ったとき、浸漬式と混同して水タンクの方にフィルターをセットしてしまいました(笑)
当然ながら、おいしく作ることはできませんでした…

 

湿らせることができたら、フィルターの上に水タンクを置き、▽の印まで水を入れます。

メモ

水道水ではなく、軟水のミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を使うとよりいっそうおいしく作ることができますよ。

 

ぽたぽたとコーヒーが抽出されます。

抽出開始から約45分時点

 

水タンクに水を入れて、2~3時間放置すれば完成です!

 

水タンクのフタはドリッパーのフタになります。
※きっちとはまるわけではないので、注ぐときは手で押さえてください。

氷を入れて飲むもよし、冷蔵庫で冷やして飲むもよし!

 

また、ドリッパーは電子レンジに対応しているので、温めてホットコーヒーとして飲むこともできます!

 

後片付け

使用済みのコーヒー粉は、フィルターをひっくり返せばほとんど取れます。ひっくり返して取れなかった分は、湿らすときに使ったスプーン等でかき出してください。

ゴミ箱の上などで、フィルターをひっくり返してコーヒー粉を取り除いた後は、普通に洗うだけ!

ペーパーフィルターにも引けを取らないくらい簡単に後片付けができます。

 

おわりに

以上が、滴下式での水出しコーヒーの抽出方法です。

いかがでしたか?意外と簡単だと思われたのではないでしょうか?

冒頭でもお話ししましたが、水出しコーヒーは、お湯を使わないので酸化しにくいといった特徴があります。

ですので、夜寝る前にセットしておいて、朝起きたら飲むということもできちゃいます!

また、1回に約4杯分作れるので、朝残った分は職場や学校に持っていくのもいいですね。

今回紹介したiwakiのウォータードリップコーヒーサーバーはアマゾンなどで安価に購入することができます。

 

ホットコーヒーを簡単に、かつ、美味しく入れる方法としては、コーヒープレス(フレンチプレス)を使う方法をおすすめしています。
興味があれば、そちらもご覧ください。

Check!
コーヒープレスで美味しいコーヒーを淹れる方法とは!?

コーヒープレスの特徴は、コーヒー豆本来の味を楽しめること、 ハンドドリップのような抽出技術がいらないという点です。 今回 …

以上、簡単・おいしい!水出しコーヒーの作り方でした。

ご覧いただきありがとうございました。

-コーヒー

Copyright© dai's Labo , 2020 All Rights Reserved.