dai's Labo

好きなこと、気になることをだらだら綴るそんなブログ

Webサービス アプリ 勉強法

単語帳アプリの決定版!『単語帳メーカー』は使い勝手抜群!

投稿日:2017年10月12日 更新日:

今回は、僕が実際に使用しているおすすめの単語カードアプリ『単語帳メーカー』を紹介します!

暗記の王道単語カード

英単語など覚えるために誰しも1度は単語カードを使ったことがあると思いますが、どうでしょうか?

表側に英単語、裏側に日本語訳を書き込んで使うのが一般的ですが、一単語、一単語手書きしていくのはかなり大変ですよね。

 

僕自身も、受験の時に英単語を単語カード化して覚えようと考えたことが何度もあります。

でも、必要な英単語すべてを単語カードに書き写すまでにめんどくさくなったり、時間の無駄と考えてしまったりして、結局1度も完成させることはできませんでした

 

単語カードのメリットは、1度作ってしまえば反復して学習しやすくなるので、記憶に定着することだと思っています。

反対に、デメリットは、覚えることが多い場合単語カード作成がめんどくさいこと、書き込める量が少ないことではないでしょうか。

 

そんな単語カードのデメリットですが、iPhoneのアプリ『単語帳メーカー』を使えば解消します!

『単語帳メーカー』の一番のメリットは、WEB上で単語カードを作ることができる点です。

多くの単語帳アプリはスマホ入力で作らなければならなかったり、自分でエクセルファイルを作る必要があります。

せっかく、手書きの手間をなくすため、アプリの単語カードを使っているのに、スマホ入力やエクセルファイルで作成するのでは手間がかかってしまいあまり意味がないと感じていました。

 

そんななか『単語帳メーカー』は、WEB上で入力し、ボタン一つで『単語帳メーカー』にインポートできるエクセルファイルを出力してくれます

また、パソコンで入力するので、短い英単語はもちろん、資格試験の用語集や一問一答など、比較的長めのものも簡単に作ることができます。

縦表示はもちろん横表示にも対応しているので、長めの文章でも見にくいといったことはありません。

単語帳メーカーの使い方

まず、iPhoneやiPadなどで『単語帳メーカー』をダウンロードしておきます。

 

デッキの作成

単語帳メーカーWEBにパソコンでアクセスしてデッキ作成をクリック。

 

①デッキのタイトルを入力し、
②カードの内容を打ち込んでいき、
③最後にExcelで出力するをクリックすれば、エクセルファイルがダウンロードされます。

また、一度出力したデッキは、エクセルでインポートすることで編集することができます。

デッキを単語帳メーカーにインポート

作成したエクセルファイルをアプリにインポートするには、Dropboxを使う方法とWiFiを使う方法の2通りあります。

 

アプリを開き、「設定」をタップ、その後「データをインポート」をタップします。

 

この画面に移動するので、「Wifi」か「Dropbox」のどちらかをタップ。

DropBoxによるインポート

僕自身は、Dropboxを頻繁に使っているので、Dropboxでインポートしています。

まず、DropBoxでのインポートの方法の説明をしますね。
(iPhoneやiPadなどにDropboxのアプリがインストールされている必要があります。)

 

DropboxをタップするとDropboxのアプリが起動し、アクセスを許可するか求められるので、許可をするをタップします。

タップすると、単語帳メーカーのアプリに戻ります。これで単語帳メーカーからDropboxへのアクセス許可は完了です。

 

僕のiPhone(iPhone5s)だと、アクセス許可後、DropboxからインポートをタップするとこのようにDropBoxの中身が表示されず、単語帳メーカーのアプリからはインポートできませんでした。

そこで、Dropbox側からインポートする方法を紹介します。

 

 

DropBoxのアプリを開き、あらかじめ作成しておいたエクセルファイルを開きます。

ファイルを開いたら右上の「…」をタップします。すると画像左のようなメニューが表示されるので、「エクスポート」をタップ。

そうすると、画像真ん中のようなメニューが表示されるので、「別のアプリで開く」をタップし、「単語帳メーカーで読み込む」をタップします。

単語帳メーカーのアプリが開き、無事デッキがインポートされます。

Wifiによるインポート

 

Wifiでのインポートをタップすると、このような画面が表示されます。

注意点として、パソコンで作業しているときも、アプリを起動したままにしておいてください。

iPhoneやiPadと同じWiFiに接続されているパソコンで、表示されているURLにアクセスします。

 

このようなページに移動します。

2.の「エクセルで作成したデッキをインポートする」をクリック。

 

あらかじめ作っておいたエクセルファイルを選択します。

洗濯したら、「エクセルから登録」をクリック。

このようにエクセルファイルの中身が表示されます。

誤字脱字などあればこの時点で修正できます。

問題がなければ、「下記の内容で保存する」をクリック。

確認画面が表示されるので、再度確認し、間違えなどなければ、「はい登録します」をクリック。

無事、デッキのインポートは完了です。

最後に

このアプリは、追加アドオンとして、広告削除などをすることができます

現状使用していて間違えて広告をタップしてしまったということはないので、無理に有料アドオンを購入する必要はないと思います。

 

『単語帳メーカー』で無駄な時間を最小限にし、効率よく勉強をして、受験や資格試験を乗り越えましょう!

以上、単語帳アプリの決定版!『単語帳メーカー』は使い勝手抜群!でした。

閲覧頂きありがとうございました。

-Webサービス, アプリ, 勉強法

Copyright© dai's Labo , 2020 All Rights Reserved.